自然素材とアフリカ小物が溶け合う住い

地域  : 東京都 杉並区/p>

床面積 : 80m²

築年数 : 10年

家族構成: 夫婦

形態  : マンションリフォーム+コーディネーション

工事個所: 玄関、L・D・K、ホビールーム、寝室、和室、ウォークインクローゼット・収納

アフリカ駐在からお戻りになったご夫婦、二世帯住宅を夫婦2人で広さを活かしゆとりを感じながら暮らせる一世帯住宅へのリフォームです。

玄関をひとつにしタタキ部分を広げ白いタイルを貼りこみ明るくしています。大きな玄関に十分な収納力ののあるシューズクローゼットを設け、分電盤も 1台にしコンパクトに収納しました。玄関の壁にはお母さまの形見のミラーを使いアンティーク調のフレームを選び特注で作ったミラーを取り付けました。 ミラーの隣のドアをあけるとトイレを撤去し作った十分な広さの収納+クローゼットを設け洋服を一か所に集約しています。

玄関からつながる趣味の部屋からは、ナニックのルーバータイプの扉を新設し、玄関にも自然光が入るようにしています。

寝室と和室は、間仕切りの扉と枠を撤去し、壁をすこし削って床の間を新設し、ひとつの部屋としました。

入口入って左側の壁には和室にも、ベージュ色の珪藻土を使い統一感をだしています。

ベットヘッドの壁には、アクセントしてボタニカルなベージュ系の輸入壁紙を使い自然で優しい雰囲気に ベットサイドテーブルの上には柔らかい光が 壁にあたりリラックスできるようにしています。

ベットは、お互いがゆっくりと休めるようにこのスペースにおける最大のクイーンサイズを選んでいます。ベットリネンなどスムーズに出し入れできるようにベット下に引出付 のものを選びました。

リビング・ダイニングと隣接していた部屋の壁を撤去してホビースペース(趣味の部屋)を設けました。床には、無垢材のうすいグレー色に草木染で染めたフローリング をヘリンボーン貼りにしています。天井にも同色の木パネルを貼っています。

中央にウォールナット材でできたデスク両脇には、たっぷりの収納にドアと同じデザインでナニックのウッドシャッターの扉をつけました。上部には間接照明を入れ光が天井に あたり柔らかく落ちてくるようにしています。

お施主様が南アフリカに長く駐在されていたことからいろいろなアフリカの小物がありましたので廻りのインテリアと自然と溶け込むように自然素材とアースカラー そしてウィリアムモリスの壁紙やカーテンをを使っています。ダイニングとホビースペースの間にある柱は、シリカライムの自然素材の塗り壁 を使っています。棚をつけて小物が飾れる場所を多く設けています。

リビング・ダイニングから見た時に印象的なペンダントライトを使用しました。フィンランドの木でできた存在感ある大きな照明が木のフレームから漏れて あたたかみをプラスしています。

produced by OZONE家design